第13回 名古屋市老人福祉施設作品展にボトルキャップアートを出展します!

名古屋市老人福祉施設協議会では毎年秋ごろに市内の老人福祉施設を利用される高齢者の皆様が作られた手芸や陶芸作品、書や絵画などを展示するイベントを開催しています。

今年で13年目となる取り組みで、名古屋市内100施設以上の高齢者施設が参加します。

特別養護老人ホーム 東桜の里とケアハウス 東桜の里も毎年参加しているんですよ☝🏽

今年のケアハウスの入居者様共同作品は生誕70年を迎える、とある人気キャラクターをテーマにしたボトルキャップアートです。

施設で利用者様やご家族様から寄せられたペットボトルキャップを利用し、🎨塗料を塗ってプラスチックダンボールを土台にして貼り付けました。

最初は塗料を塗らずに作成しようとしましたが、集められたペットボトルでは特に顔の部分となるオレンジ系のキャップが足りないので色を塗ることにしました。

一部をちらっとだけお見せします。

DSCN131159

バカボンじゃないよ💛

👆🏽結構大きなもので、写っているのは一部です。

離れて見るとわかりやすいかも・・・。

全体をご覧になりたい方・・・ぜひ作品展までお越しください。

作品展の会場となるカルポート東「市民ギャラリー矢田」4F、第1展示室に飾られる予定です。

開催概要は下記にて。

第13回「夢と生きがいの作品展」開催概要

入場料

無料

開催期間

平成28年11月9日(水)~ 平成28年11月13日(日)
9:30~18:00(最終日の11/13は16時まで)

会場

〒461-0047
名古屋市東区大幸南一丁目1番10号 名古屋市民ギャラリー矢田
TEL:052-719-0430  FAX:052-719-0440

交通アクセス

● 地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田」下車1番出口徒歩3分
● ゆとりーとライン「ナゴヤドーム前矢田」下車
● 市バス「大幸1」下車
※ なるべく公共交通機関をご利用ください。

体験コーナー

普段、老人福祉施設を利用されてい方々がレクリエーションとして行っている小物づくりを体験できます。
参加無料で、どなたでもご参加いただけます。
内容につきましては日によって異なりますので下記のパンフレットをご覧ください。
1日限定100個まで。なくなり次第終了となります。

主催・共催・後援

主催 名古屋市老人福祉施設協議会
共催 名古屋市、中部善意銀行、中日新聞社、中日新聞社会事業団、 東海テレビ放送
後援 名古屋市社会福祉協議会、愛知県社会福祉協議会、愛知県共同募金会

パンフレットダウンロード

パンフレットのダウンロードはこちらから⬇
(※PDF形式・閲覧にはAdobe Reader が必要です。)get_adobe_reader

nagoya_fukushi_sakuhinten_h28-1