イチゴの苗植え&正月菜と春菊の種を播きました♪

1階と2階のご利用者様に🍓イチゴの苗(品種:豊の香)を植えて頂きました。

豊の香」は、とても甘くて美味しいイチゴとの事、春の収穫が楽しみです。

おなじみの豊の香いちごについて

とよのか<イチゴ

とよのかは福岡県の野菜試験場久留米支場(現  (独)農研機構九州沖縄農業研究センター)において、1973(昭和48)年に「ひみこ」に「はるのか」を交配し、以後選抜を重ねて育成されたもので、1984(昭和59)年に品種登録されました。出願時の名称は「イチゴ久留米42号」となっています。品質がとても高く、おまけに早期収量の多い早出し可能な品種で、促成、半促成栽培にも適しているイチゴとして人気を得ました。

とよのか<イチゴ

当時各地で栽培されていた品種の中では群を抜く美味しさと輸送性の高さ、更には収量の高さも相まって福岡県を中心に九州各地に広まり、栃木県で生まれた東日本の「女峰」と共に『東の女峰、西のとよのか』と言われるまでになり、1990年代後期あたりまでイチゴの品種としては「西の横綱」とまで言われていました。

引用元:旬の食材百科より

そして🥬正月菜春菊の種も播いて頂きました。

🥬正月菜は、小松菜の一種でお雑煮に入れる葉ものです。

冬の汁ものの具材として、ご利用者様に美味しく食べて頂けると嬉しいです。

春菊も冬の葉物野菜の定番、季節を味わっていただけたらと思います。

大々的な作業や行事としては、前準備や段取りをして

出来るだけ沢山のご利用者様に参加して頂きたいのですが、

ちょっとした作業は、どうしても足腰の丈夫な方に

頼ってしまいます😅

もうすぐ、サツマイモ🍠里芋の収穫祭です。

その時は、多くのご利用者様に収穫を楽しんで頂けたらと思います‼